スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
スキ!


もう10年以上定期的に同じ病院に通っていると、自分なりの楽しみを見つけられる。今のわたしにとっては、心のオアシスのY先生と雑談するのが楽しみだ。

そのY先生が最近何かと口喧しくなった。それはわたしに手抜き感を感じるからだろう。

会って開口一番に「なんかラフじゃない?」と言うので、「人生に疲れました」と答えれば、「人生に疲れるとラフになるの?」と言う。
はい、今日は久々に先生に会うのに、適当にメイクして、適当に手っ取り早く目に付いたご近所用の服を着てきました。ごめんなさい。てか、何故バレた?

そして、ピンクのディッキーズのバッグパックとピンクのメレルの靴をみて
「なんか山に登るみたい」と言う。
荷物が多いのは、3DSとか本とか水筒とか、病院の待ち時間を潰すのに必要だし、靴はポケゴーするのに歩き回るから、疲れないものにしているだけだけど、さすがにこれは言い返す余裕がなかった。先生から言われた「ラフじゃない?」の一言がドーン!と重くのしかかり、言葉が見つけられなかったのだ。

通院に相応しい服装とは?
周りの患者さんを見ても、皆さんとてもラフである。だから、わたしという患者比でのラフという評価なのだろう。
でも、そこを敢えて指摘するとは、この人は何様ですか?あ、お医者様ですか、そうですか。

この間は毎年恒例の胃カメラの話をするので嫌そうな顔をすれば、「何?その顔!!」と言うので、「頑張ります!という意思の表明です!!」と言い返したが、これに関しては、学会向けに髪を短く切った先生に向かって「カーワーイーイ!😄」と言ってしまったことへの仕返しなのだろう。

そんなY先生だが、外来中のお手洗い休憩のついでに、廊下の長椅子で待機してる患者の様子まで本当によく見ている。読書に夢中で看護師さんの呼び掛けに気付けない患者に「呼んでるよ!」と声を掛け、それに「ヤバイ!」と返答するような変な間柄だ。この全方位から守られている抜群の安定感があるからこそ、長期の通院も度重なる検査も胃カメラも大腸カメラも頑張ることができるのだ。治療とは相互関係であり、まさにこうした人間関係は宝物である。

このように、大人になってもいろいろと自分に気付きを与えてくれる存在は貴重なので有難く受け止めているが、これぞ「但しイケメンに限る(性格イケメンも含む)」案件であるので、よいこは安易に真似をせぬようにと、その点だけは付け加えさせていただく。

スポンサーサイト
[2017/08/30 23:50 ] | ひとりごと
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。