スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
変わらないもの


ちょうど一週間前にO先生の勤務先の病院から電話があった。「このお電話はO先生の指示のもと、おかけしています。この度先生が療養されることになりました。すぐに終わるような治療ではないので、先生の外来は半年休診となります。もちろん代診もありますが、次回の予約を半年後に変更させていただいてよろしいでしょうか」という内容である。

大学病院の担当医W先生の対応に納得ができず、12月にO先生に相談に行ったところ頭ごなしに怒られ、その理不尽さから先生のところに戻りたいとはとても言えなかった。そして、次回の予約票すらも渡されなかったので、もうお会いすることもないと思っていたのに、今回の連絡である。今冷静に考えると既にあの時には、自身の体調の変化を自覚していたのかもしれない。

わたし自身、連絡をいただく二日前から、原因不明の背中の激痛に苦しんだ。昨年先生が体調を崩された時は腰が痛く、しばらく歩行も困難であったので、連絡を受けた時には「やはりそうでしたか」と受け答えたことで、連絡者の女性医師は少し動揺した様子であったが、それからはすっかり身体の痛みが消えた。

長期に渡る治療には、生への執着が必要であることは確かだ。そして、それを支えるものは家族であったり、仕事であったりするのではないか。おそらく先生にとっての仕事とは、生きる証のようなもので、そのための半年後の外来予約なのだろう。

まあ、こんなにも手がかかる患者を置いては心配で死ねないと思うので、今回も大丈夫ではないかと楽観する気持ちもある。それでも、どうにもならない時は、心のオアシスY先生は何も仰らないとしても、W先生であれば、また「会いに行ってあげてください」と仰るだろう。

先生にとってのわたしという患者は、長い付き合いからつい気を許して何でも話してしまう相手で、わたしにとっての先生は、「対等でありたい」と望む患者の気持ちを最大限尊重してくれる稀有な医師なのである。そんな様子を見て、過去に他の医師から無遠慮な質問も受けたが、世俗的な関係でないからこそ、尊いのだ。これに関してはわかる人にだけわかればいい。

半年後の外来に向けて、まさに今、先生の治療が行われているが、自分ができることは、快復を心よりお祈りし、信じて待つことである。その想いから久々にブログを更新した。
[2017/02/14 20:25 ] | ひとりごと
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。